狭心症や心不全で倒れた人を救う方法

心筋梗塞や狭心症をまとめて、「虚血性心疾患」といいます。
心筋梗塞と狭心症の大きな違いは、心筋が回復するかどうかで、心筋梗塞では心筋が死んでしまい回復しないのに対して、狭心症は心筋が死なず回復します。
いずれの病気も重篤化すると、心臓のポンプ機能が低下する心不全や虚血による重症の不整脈を合併して、命の危険な状態になります。

狭心症は、血液の需要と供給のバランスが崩れることによって起きる、一時的な心臓の酸欠状態です。
症状は一時的で、数十秒から長くても10分くらいで通常は自然におさまります。
狭心症の特徴は、締め付けられるような、押さえつけられるような鈍い短時間の胸痛があるということです。
この場合、原因となった労作を中止したりニトログリセリンなどの硝酸薬の舌下錠を使用する処置と取ることで、症状はおさまります。
硝酸薬は、医薬品 ネット販売でも入手することができます。

心不全とは、心臓のポンプ機能低下により、全身の組織機能に必要な血液量を送供給することができない、または心室充満圧の上昇という代謝機能を介してのみ拍出を維持できる、つまり心拍出量の低下を食い止めるバックアップ機構が働いている状態で、生活機能に支障をきたした状態をいいます。
心不全は、一種の症候群であって疾患名ではありません。

その原因で、例えば「心筋梗塞」では救う方法として、カテーテルを入れて詰まった冠動脈を風船や金属製の筒で広げる治療を行います。
「高血圧」では、降圧剤を使用しますし、不整脈では抗不整脈剤投与やカテーテルアブレーション(不整脈の発症原因となっている箇所を、高周波で焼く)行います。

自分でできる心不全の悪化予知方法は、毎日体重を測ることです。
1日あたり約1㌔以上の体重増加は、体液の貯留していることを示し、心不全が悪化している可能性があります。